中学受験では勉強スタイルを決めて着実に実行することが大切

娘に私立の中学受験のために塾に通わせました。塾は地域の有名塾でしたが、繰り返し復習することに重点を置いていたのでレベルアップにつながっていきました。
次第に苦手の理科でつまずくようなことが多くなり、得意科目の数学や国語などは塾でやっているとおりに勉強して力がついてきました。先生方の熱心な指導のお陰でなんとか苦手科目克服できるようになりましたが、量をこなせるまでにはかなり時間がかかりました。
今になって思うことは、受験の得意科目や苦手科目にどれだけの時間配分をして受験勉強をしていけば良いのかを中学受験のスタート時に決めておくことが大切だったということです。
これは、娘に合った受験勉強のスタイルを決めることであり、それが決まるとあとは毎日の少しずつの積み重ねで努力していくことで着実に力がついていくことになります。結果的には、目指す学校に合格出来ましたが、受験生を持つ親御さんには勉強スタイルを決めてもらって科目ごとの勉強配分時間を調整できるようにしなければ、良い結果に結びつかないことを子どもに知ってもらうことが大切です。
結局は、中学受験は、長い間の勉強スタイルが安定していないと基礎力がつかないことを身にしみて感じることが大事だということです。