中学受験の鍵は子どものモチベーション管理。

我が家では息子が小学生の頃から進路について話し合って、中学受験をすることに決めました。元々勉強が好きで、学ぶことが苦にならない性分だったので、勉強への取り組みもポジティブでしたし、成績をキープすることもさほど難しくなかったように思います。
しかし、学年が上がるにしたがって、スポーツや友達との関係など、他にも興味が出てくるものが多くなり、勉強が思うように進まないということもありました。そういった時期がきたら、親だけでなく子どもにも勉強に対してのモチベーションやこれからの将来についての見通しを立てさせる工夫が必要になってきます。

子供のモチベーションを保つために。本人が目標を見失わないようにする

我が家の場合は、中学受験はあくまでも通過点として、その後の本人の進む道をある程度示すことで、通過点の必要性を感じさせることができました。高校、大学、そして将来の職業という一連の流れを感じさせることで、今目の前にある中学受験に対してのモチベーションをあげることができたのです。とくに中学受験をする人が回りに少ない環境においては、通常の公立中学に行く友達との勉強時間の違いなどに本人が悩むというケースもあるので、本人がやる気や目標意識を見失わないようなケアやフォローをしていくことで、最後までがんばることができるのではないかと思います。